オンラインゲームという肴

今までPSO2だけでしたが、遊んだオンラインゲームをそれとなく扱ってみる方向になりました。

何事も過ぎたるは猶及ばざるが如し(?)
好きなオンラインゲームだからと言ってやりすぎるとマンネリが怖いわけです。
そんなわけでたまに違うゲーム、違うオンラインゲームとちょっと手を出したりしているわけですが、今回はモンハンです。

モンハンは割と好きな方で、昔から定期的に手を出しているんですが。
今最新はやはりモンハンワールド。で、ワールドをもう一度やってもいいかなと思ったんですが、あえてフロンティアを振り返ってみました。
なんせモンハンフロンティア、MHFはもう数年手を出してないわけです。そりゃ中身も変わっただろうと。
そんなわけで今のフロンティアを体験すべくやってみたんですが。

色々と言いたいことはさておいて、何よりもまず、G級で勝てないw

G級上がったばかりのポカラドンでもう苦戦です。
本職(?)はヘヴィボウガンなんですが、なんとなくランスで戦いを挑んだところ全く歯が立たず。
装備はチュートリアルで手に入るものが使えるので問題ないんですが、ランスでポカラドンの攻撃をかわせず、食らう食らう。
それでいろいろ考えたというか見直したんですが、今のMHFってアクションの内容がだいぶ変わってるんですよ(5年以上前と比べて)。
つまり私がやっていた時にはなかった戦い方ができたりとかするので、それを使うと楽になるわけなんですよね。
で、今のアクション、いわゆる極ノ型と呼ばれるスタイルのものを調べて使いこなした結果。

武器を構える→構えたまま走る→攻撃→攻撃した後そのまま走る

という連携でかなり楽に戦えるように。
今のスタイルだとすべての武器が(ヘヴィボウガンでさえも!)武器を構えたまま走ることができるということで、この走るのが結構重要なのかなと。
他の武器もそこそこ使いましたが、すべての武器で走る走る。
5年以上たつとゲームも変わりますね( まさか重要塞のランスで走るとはw



というわけで更新されている要素に驚きつつ遊んだMHF。
やはりしばらくやっていないとオンラインゲームは様変わりしていて楽しいものです。
普段から続けているゲームだとあまりその変わり方を感じられないかもしれませんが、久しぶりにやってみるとその変わりように驚けるのが面白かったりもします。
たまにはこういうのもいいんじゃないでしょうか。

出やしませんね、アーレス。


おはようございます。アルティメットアムドゥスキアがブースト期間なのでアーレス掘ってます。

というのも、私はウェポノイド武器が好きというのは再三申し上げているわけですが、それでもキャラクターの戦闘能力にはこだわっているんですよ。
その縛りの中でも自分にできうる限り戦闘力を上げたいという。

そんなわけでアーレスなんですよ。

アーレスは現在esの方で専用ストーリーが配信されているのです。アーレスシリーズのウェポノイド専用ストーリー。
ということは、アーレス系の武器はそのすべてに将来的にはウェポノイドが実装される可能性が高い!
というわけで、現在最前線で使える☆14の上に将来有望(?)なアーレスのウォンドを堀に行っているのです。

なんですが。


ファンタシースターオンライン2_20180906085645

出ませんね、アーレス。


なぜか2個も出てくる14のメロン。
ありがたいけど、サブキャラで使えるけど、欲しいのは君じゃないんだ……。

そんなわけでほりほりほり。
気付けばいつの間にか……。


ファンタシースターオンライン2_20180906085702
出来上がっているネメシスクロス。

いや、気付いたんですよ。掘ってるうちにネメシスが3つ、ドロップしていることに。
そしてさらに偶然(?)なことに、esではネメシスシリーズの専用ストーリーが配信始まってたんですよね!
というわけで旧式のネメシスをグレードアップしたりして、ネメシスクロスを作りました。
このウォンドもまだウェポノイドはありませんが、専用ストーリーが配信されているシリーズなので将来有望!
ということでとりあえず、アーレスが出なくても十分使える強さであるネメシスが手に入ったのでまあ大丈夫かなという感じです。
でも何があるかわからないのでできる限りアーレスは堀に行きますけどね!



ところでこのほぼほぼ偶然作ることになったネメシスなんですが、潜在能力がとても私のプレイスタイルにぴったりだったりするんですよね。
ネメシスの潜在能力は攻撃力を上げる以外にも、一回だけ有効なバリアを張り、破られても30秒後にもう一度張り直すという能力なんです。
このバリア、ダメージ軽減率が60%と高く、補助テクニックをメインとするテクターとしては死亡率が減るのでとてもありがたい。
その上、バリア張ってる間はPP消費が軽減されるんですよ! これのおかげで消費のでかいレ・ザンディアも割と楽に使っていけるというとても優れた能力なのですな。
私は支援テクニックを撒いてレ・ザンディアで雑魚をまとめるというスタイルが基本になることが多いので、メインで使うウォンドとしてはとても便利です。
能力的にアーレスとそこまで大きな差も開きづらい程度に優秀な武器ですし、ウェポノイドが実装されるとしたらネメシスの方が使いやすいかなあと思っています。
まあ、何度も言いますが未実装である以上何があるかわからないのでアーレスは堀に行くんですがw


というわけでまだ見ぬ未来のウェポノイドを想像しながらアーレスを掘る近頃の私でした。
でもほかのウェポノイドも好きだから、武器クラフトのバージョンアップをしてくれたらありがたいのは相変わらずです……。

しばらくの間暇になり、また、わけあってひとりでいたかったのでバリバリと音がしそうなほどFLOをやってみました。バリバリ。

FLOなら無理にマルチしない限りひとりでコツコツ遊べますからね。

そんなわけで大幅に寄り道しながらですがストーリーを進めまして。
メインストーリーはノリが前作と同じなので楽しんではいるんですが、前作よりもやや驚きやわくわくは少ない流れに感じていてちょっと寂しいです。まあ、前作から続投しているキャラが多く、把握している知識が多いからかもしれません。
ですがサブストーリーの方はちょっとイイ感じに楽しんでいます。
このゲームの設定としてライフといういわゆる職業の概念が重要であり、それがゲームの世界の歴史などの設定やシステムそのものにも表れているのですが。サブストーリーの内容が異なるライフ同士の助け合いや共存などといった絡みが多く、サブストーリーを進めることで世界の質感がほんのり感じられる気がして好感触です。



ところで突然ですが、私ノコギリが苦手なんですよ。ギコギコ。



いきなりなんだというと、実はそのライフの一つに大工があるんですが。大工のミニゲームで出てくるノコギリの項目がとても苦手なんです。
このゲームのアイテム製作関係のシステムはそのアイテムの難易度と自分のレベルから計算された難しさのミニゲームを達成することでアイテムを完成させることができるというものなんですが、大工のミニゲームのノコギリ部分がすごい苦手。
単純にタイミングを合わせて画面をタップするだけなんですが、そのタイミングがなかなか合わない……。
おかげでなかなかうまくアイテムを作れないんですが、そこで私を助けてくれたのがサブキャラのホイップちゃんです。
このホイップちゃん、なんとギコギコマスターなる能力を持っていて、ノコギリのタイミングがちょっとずれても許してくれるという神のような能力を持っています。
そのおかげで私の中でホイップちゃんはメインメンバーとして鍛えられ、いかなる木工アイテムをも作ってくれたわけです。

いや、作ってくれてたんです(過去形)。

実は悲しいことに、ホイップちゃんは無料で手に入るストーリーのサブキャラなのでレアが低く、当然限界レベルが低いんですよね……。
なので限界レベルの40まではバリバリに活躍してくれたのですが、それ以上成長しないので一定のレベル以上の大工仕事が成功しないという泣き目に。
仕方なく主人公で大工してるんですが、なんで主人公はギコギコマスター持てないんですかね……。



そんな悲しみと共に大工をやっているのですが、一つ面倒くさいことがわかりました。
仲間にできるサブキャラの活用方法なんですが、アイテム製作のライフに就いている仲間だけ運用が面倒くさいという事実があるのですよ。
ライフには戦闘、採取、製作の3種類のカテゴリーがあって戦闘と採取は問題ないんですが、製作ライフのサブキャラクターだけちょっと面倒が。
どういうことかというと、製作できるアイテムのレシピはサブキャラが成長しても増えないってことなんですよね。
このゲームのアイテムレシピの解放は基本的に主人公を基準に行われます。
つまり絶対主人公が製作ライフのレベルを上げないとレシピが増えないんです。
なので製作ライフだけは完全に仲間に任せるということができず、いちいち主人公とサブキャラの両方のレベルを上げることになります。
これの一番面倒くさいところは別段主人公でやるつもりがないライフというのを仲間に任せることができないという部分です。
例えば主人公で傭兵のライフをやったとして、武器と防具の製作と改造のためにサブキャラの鍛冶師を育てたとします。
この場合、鍛冶師はどんなにレベルが上がっても製作レシピを覚えないので買った武器の改造だけができるマンにしかなりません。
せっかく主人公と一緒に育てたのにそれだけだと意味がないのです。
自分でオリジナルの武器を作ろうとした場合、鍛冶師は育っているのに主人公を鍛冶師にしてまた同じレベルまで育てる必要があります。
これが非常に面倒くさいw
まあ、ライフを色々やることができるゲームなので主人公が全部やってねという意味合いはあるのでしょうが、せっかくサブキャラを育てることができるのだし、それにライフができるゲームであるなら当然「特定のライフに手を出さない」という選択肢もあり得るわけで。
採取ライフだとサブキャラ単体で全く問題なくやってくれるのですが、製作ライフだと主人公を動かさねばならず手間が増えすぎてしまうというわけです。
この辺、サブキャラによって制限付きでレシピを覚えるとかそういう感じでできたらよかったんじゃないかなあと思います。



まあ、そんなこんながありつつ。
FLOがんばってますよという日誌でした。

↑このページのトップヘ